漫画パラダイス

読んだ漫画のレビューなど。基本的には所持作品リストです。

【 絶対可憐チルドレン ①/椎名高志 】

f:id:mineshizuku:20190410133520j:plain

 明石薫、野上葵、三宮紫穂の3人(いずれも10歳)は、超度7のエスパーです。エスパーのレベルは1~7に区分されており、最強の7は日本ではこの3人しか確認されていません。
 超度は、古いタイプの震度に対応していて、1なら「静止している人や、特に超能力に敏感な人が感じる程度」、7なら「あらゆるものが破壊され、物が飛ぶ」となっています。古いタイプなので、5と6に「弱」とか「強」はありません。
 彼女たちは「内務省特務機関超能力支援研究局(通称バベル)」に所属し、日々、災害救助や犯罪対応に活躍するのですが、さすがに50巻を越えるとは椎名先生も考えてなかったと思うものの、それなりに長期連載は想定されてたようで、初期の頃からしっかりと様々な設定が出てきます。

f:id:mineshizuku:20190410133618j:plain

「21世紀、エスパーは増え続けていた。彼らは軍事・外交・経済とあらゆる場で活躍し、国際競争のカギを握っていた。ESPを制する国が世界を制する」とあります。
 しかも(それなりに役に立つ)極度4以上の者は全体の3パーセント以下とのこと。
 薫、葵、紫穂の3人は、「ザ・チルドレン」というチームになっていて、バベル職員の皆本という20歳の男性が現場指揮官となって任務にあたります。
 災害救助や犯罪解決のためにも彼女たちは出動しますが、バベルには予知能力者のチームがあって、その予知確率に基づいて、「事前に予防する」ためにも出動します。首尾よく予防に成功すれば、予知確率が0パーセントになり、解決となるのです。

f:id:mineshizuku:20190410133648j:plain

 航空機がビルに衝突する事故を予知した時、周辺を「飛行禁止」にしましたが、それでも予知確率が下がらず、ザ・チルドレンが出動したことがあります。この時、皆本は「この付近を飛行しているのは自分達だけ。すなわち事故に遭うのは自分達だ」と、気づいたりします。
 出動が無い時は訓練や検査です。だから彼女達は学校へ行ってません。それだけでなく、非物理的に他者を攻撃できたり、人の心を読めたりする超能力者は一般人から気味悪がられて、排斥の対象でもあったのです。
 政府は超能力者の有用性からも人権の観点からも、超能力者を保護し管理下に置いてます。そのための組織が、桐壺蒂三を局長とするバベルです。しかし、政府内も一枚岩ではありません。時としてお笑い役として酷い目にあったり、チルドレン可愛らしさのあまり過保護で甘やかしたりする桐壺と、そのために無理難題を押し付けられる皆本の間に立ち、様々な調整役となっているのが、局長秘書の柏木朧です。女性であり、年齢容姿ともに絵に描いたような秘書です。

f:id:mineshizuku:20190410133802j:plain

 一般人にも反超能力主義者はいて、そのテロ集団が「普通の人々」です。武力行使を伴う超能力者排斥活動も行い、「普通の人々はどこにでもいる」と彼らが言うように、様々な組織内に構成員が潜り込んでいます。
 また、初期設定の段階から、近い未来に「一般人と超能力者集団による全面戦争」が示唆されます。超能力集団を率いるリーダーが大人になった薫で、彼女に対峙し引き金を引くのが皆本である、という将来予測のイメージシーンが、超能力イルカである伊009号から皆本に示されます。超能力イルカは第二次対戦で開発されたのですが、その後、動物愛護により超能力動物の利用は禁じられ、従って伊009号が表に出て活躍することはなくなったのですが、バベルとの連絡は取り合いながら、余生を過ごしています。
 そのイメージシーンに出てくる薫は、せいぜい大学生か新社会人程度の容姿、皆本の姿も現在とほとんど変わりなく、そんなに遠い未来ではなさそうです。

f:id:mineshizuku:20190410133826j:plain

 超能力者と一般人の全面戦争を避けるため、将来超能力者集団のリーダーになるであろう薫を、しっかりと理性と理念を兼ね備えた大人に育てることも皆本の使命です。
 皆本は超能力を持たない一般人ですが、IQ200を越える天才で、周囲から気味悪がられて排斥され孤独化した過去を持ち、アメリカで飛び級してMITを卒業という経歴を持つために、彼女達の気持ちがわかるだろうとスカウトされて指揮官(作品内では現場運用主任と表現されています)に就任しています。
 これまでの指揮官は、やはり超能力への偏見があったり、サイコメトラーの紫穂と手を繋ぐことを拒否するようになったり、超能力者ゆえの孤独を癒すための我が儘に手をやいたり、結局彼女達の心の澱を理解することなく辞めていくということが続いていました。

f:id:mineshizuku:20190410133949j:plain

 皆本にたいしても彼女達は何度も失望し、しかしその度に見せる彼女達を守らねばならないという想いや、一般人と超能力者の共存のための努力、時に厳しい叱責、そして思いやりなどから、少しずつ理解と信頼を深めていくのです。
 この作品の名台詞である「どこにだって行ける。なんにだってなれる」は、1巻から登場します。
 このフレーズが後にCMで使われたとき、この作品からのパクリなのか、もともとあった著名なフレーズがこの作品でもCMでも使われたのかが判断できず、出典があるのかなと調べたものの未だにわかりません。ネットから出てくるのは、なんらかの歌詞だったり、「現在使われてるもの」ばかりで、出典らしきものが見当たらないのです。
 絶チルのワンフレーズが素晴らしいものとして一人歩きをしてあちこちで使われるようになったのなら嬉しいことですが、意図してパクって使ってる奴がいるなら、腹立たしいことです。

f:id:mineshizuku:20190410134118j:plain

 ザ・チルドレンの3人も希望していましたし、皆本たちも3人を一般人の中で暮らさせて普通の感覚を身に付けさせたいと考えていたこともあって、薫、葵、紫穂は学校に通い始めます。学校では超能力を使わないという約束です。もともと彼女たちには、超能力を制御する装置の埋め込まれたアクセサリー(ESPリミッター)が持たされており、皆本がリモコン(ガラケー)で装置をオフにしないと、彼女達は力を弱められています。
 同級生にそのアクセサリーをリミッターと見破った子がいます。同じくリミッターを持つ超度2のサイコメトラー花井ちさとです。そこに東野将という男子が絡んできて一騒動おきかけますが、まあそこは小学生同士、すぐに打ち解けます。

 超能力を抑える機器としては、リミッターの他に超能力対抗装置「ECM」があります。デジタル念派を発生させて、一定半径内の超能力を無力化します。これを入手した「普通の人々」によって、ザ・チルドレンは危機に陥りかけますが、超能力対抗対抗装置「ECCM」を皆本が発動し、ザ・チルドレンは無事超能力を発揮して普通の人々を取り押さえることができました。
 こういった装置の存在も初期設定のひとつです。
 そしていよいよ、作品全体に関わってくる重要人物が登場します。兵部少佐です。学生服を着て高校生か大学生のように見えますが実際は老齢で、超能力で老化を抑えています。超能力犯罪者を収容する刑務所の中でも地下深くに作られた彼専用の独房に収容されています。しかし、彼の超能力は計り知れず、実際には自由に出入りしています。

f:id:mineshizuku:20190410134410j:plain

 超能力犯罪者収容所から脱獄が発生し、ザ・チルドレンが出動しますが、超能力者同士の戦闘に慣れておらず、またそういう訓練も受けていない薫は、ピンチに陥ります。
 兵部は薫を、「近い将来、超能力集団を率いて戦う女王になる」と予知しており、独房を抜け出して薫に超能力を使った戦闘をアドバイスします。
 それを止めさせようとする皆本、超能力戦闘の教育をしていないバベルを責める兵部。しかしまだ10歳の薫にはそういう戦闘は無理で、あっという間にオーバーヒートしてしまい、制御の効かなくなった自身の超能力が暴走、周囲を破壊し尽くそうとしてしまいます。これを収めたのもまた兵部でした。

f:id:mineshizuku:20190410134519j:plain

 兵部の思想は、バベルや日本政府とは相容れないもので、そういう意味では敵役です。少なくとも超能力者排斥運動を行う「普通の人々」は完全に敵。超能力者達が生き残るために一般人との戦いは避けられないし、勝つために超能力者の組織化を進めています。バベルは良く言えば超能力者との「共存」が理想、悪く言えば超能力者を国家のために「利用」しようとする国家機関の一部ですから、「排斥」が目的ではなく、関係は微妙ですが、国に「利用されたい」などと思っている超能力者はいません。薫たちにしても、バベルの職員にしても、国の「役に立つ」ことでアイデンティティーを保っています。
 兵部は強化された独房からも自由に抜け出し、書き置きを残したあげく、海難事故の救助で要救助者は救ったものの自分達の生存が危うくなった薫と皆本を助けるなどの行動をします。これも、自らが組織する超能力者集団に薫ご必要だからです。

f:id:mineshizuku:20190410134611j:plain

 バベルに所属する特務エスパーは他にもいます。宿木明(15)と犬神初音(14)は、動物変身能力を持ち、幼馴染みで、「ザ・ハウンド」というチームを作っています。本当に変身するわけではなく、超能力でそのように見せているとのことですが、その際は能力もそれにみあうものとなるため、ここでは変身として扱います。ザ・チルドレンと合同訓練なども行います。

f:id:mineshizuku:20190410134703j:plain

 これまで独房でおとなしくしていた兵部ですが、色々と活動をはじめています。
 バベルの特務エスパーだったはずの九具津が兵部側のスパイとなっており、それをあぶりだすために、皆本とその同期でエスパーで医師の賢木が、受付エスパーチームの「ザ・ダブルフェイス」の常磐奈津子(20)・野分ほたる(20)らと合コンを企画します。
 ところが、九具津にまんまと嵌められ、賢木は拳銃で撃たれて屋上で瀕死状態、賢木になりすました九具津の操る傀儡人形に、追い詰められる皆本たち。異常を察知したチルドレン達に救われますが、兵部は手を緩めません。
 バベルを辞めた超能力者黒巻節子(19)を使って、皆本を夢の世界へ引きずり込み、イルカ伊009号が見せた未来予測、皆本と薫が戦闘で対峙するシーンを何度も何度も見せつけます。夢の中に飛び込む薫、外部から夢の中にアクセスして救出しようとする紫穂。

f:id:mineshizuku:20190410134757j:plain

 夢の中の薫は、10歳分成長した大人の姿で、10歳の時より10倍皆本が好きだと告白します。夢から覚めることの出来ない皆本は、葵と紫穂がなんとかしてくれると思っていたのですが、夢の中にいる皆本と薫自身でなんとかしないといけないと気付き、薫の告白にある言葉で応えることで、夢から覚めることに成功します。その頃、葵と紫穂によって、野上は超能力犯罪者として捉えることに成功していました。

f:id:mineshizuku:20190410135231j:plain

 米(コメリカ)からのエスパー脱走兵を捕まえるための日米合同作戦や、クラスメートからデートに誘われた葵と紫穂の一日に続き、兵部率いる超能力集団「パンドラ」を名乗る一味に、皆本が誘拐されるという事件が起こります。
 目的は皆本ではなく薫だったのですが、チルドレンの3人は実家に帰っており、「皆本を返して欲しければ来い」という趣旨の手紙と地図が残されています。澪という超能力少女がどうやら薫にサシで勝負を挑もうとしています。澪は、兵部が薫をパンドラの未来の指導者にしようとしていることに納得がいかないからのようです。
 薫は帰宅した実家が留守のため皆本の元に戻り置き手紙を発見、皆本奪還のために指定された場所に向かいます。しかし、地図がいい加減でなかなかたどり着けないでいます。
 皆本は、澪と、澪に付き従っている大男コレミツに、廃校になった小学校に捉えられていました。コレミツから、2種のカップ麺を突き出され「どっちだ?」と訊かれて、気付きます。この連中は、廃校で寝起きし、ロクな食事も生活もしていない、と。

f:id:mineshizuku:20190410135316j:plain

 皆本は野菜タップリの食事を作って摂らせ、ドラム缶風呂を用意して入らせ、洗濯までします。
 賢木とチルドレンが現場に着けば、当然戦闘となります。澪は3体に分身して各チルドレンと超能力勝負になります。コレミツは賢木と皆本に対峙します。そして、何度目かの説得をします。「仲間になる気はないか?」と。さらに皆本には「特にお前、珍しく澪が気に入ってるようだ。殺したくない」と付け加えますが、賢木は容赦ありません。「皆本は小さい女の子に見境ないだけだ」と、身も蓋もないことを言って戦いに挑みます。詳述していませんが、この手のお笑いは作品内のあちこちに散りばめられています。

f:id:mineshizuku:20190410135407j:plain

 澪有利で始まった戦闘も徐々に形勢逆転、分身の原理を皆本が「素粒子レベルで身体を構成する物質を間引いて3つに分けた」と見破ります。脳とて同じで、本体が分身をコントロールしているのではなく、それぞれ独自に動いている、ということなのでしょう。
 3つ目の分身を2つ目の分身が吸収して、分身なのに本体よりも多い2/3となったところで、それが暴走します。薫がボコボコにしてダメージを喰らったところで、本体に吸収されますが、本体もボコボコのダメージをそのまま受け継ぎ、チルドレン達の勝ち。
 澪は兵部から、パンドラで一緒に暮らさないか? 教育だって望むなら受けさせてあげると、優しい言葉で誘います。澪はこれまで、小学校の廃校で暮らすなど、辛い暮らしをしていたようです。これも彼女が超能力者ゆえに排斥されていたためなのでしょうか? 兵部が目指すのは超能力者が安心して暮らせる世界。しかし、そのためには一般人との戦いを辞さず。
 平和に共存をしようなどと考えないのは、過去、日本のために戦ってきたのに、軍にいいように使われたから、というのことが徐々に示されてきますが、超能力者を利用しようとする一般人、排斥しようとする一般人など、兵部の敵は少なくありません。望まなくても、戦いはし烈な方向へ向かうのだと予期させられます。

f:id:mineshizuku:20190410135448j:plain

 バベルでは、長い眠りから覚めた管理官、蕾不二子がレギュラーメンバーに加わります。兵部と不二子は、第2次対戦で超能力舞台として一緒に戦った仲です。二人とも外見は若く保たれていますが。
 米国(コメリカ)からやってきた犯罪者エスパーの確保に、葵と皆本が協力する間に、賢木の元で薫と紫穂が行動するとか、チルドレンが登場しない兵部の暗躍譚があったりしますが、いよいよパンドラが大きく始動し始めます。超能力者にパンドラ加入を訴えるテレビCMを打ったのです。さらに電波をジャックして、超能力者の悪いイメージを植え付けようとします。普通人と超能力者の対立を煽り、超能力者が集まって一般人に対抗するよう仕向けているのです。

f:id:mineshizuku:20190410135637j:plain

 某山中で発見された旧日本軍の超能力研究施設で、生き残っていた研究動物(超能力を身に付けたモモンガ)をパンドラが引き取ったりもします。
 澪とマッスル大鎌が銀行の金庫破りに入った時は、事前に予知していたバベルにより、チルドレン達が待ち構えていましたが、反超能力組織「普通の人々」により、全員が地下金庫内に閉じ込められてしまいます。超能力犯罪に対抗するセキュリティー万全の金庫で、かつ火災対策のために設置された金庫内を真空にする装置を作動させらせ、全員が窒息死寸前に追い込まれます。
 この時は、バベルとパンドラが一時休戦して、金庫からの脱出のために力を合わせます。

f:id:mineshizuku:20190410135711j:plain

 他国の要請に応じた海外出張や、小学校で行われる超能力身体測定で新たに力が発現した少年の監視など、パンドラと無関係なチルドレンたちの任務も描かれますが、主軸がパンドラとの対決へと移ってゆきます。
 薫、葵、紫穂が5年生に進級したときなど、兵部はお祝いにやってきます。兵部は未来のパンドラをこの3人が背負って立つと予測しており、攻撃する意図はありません。
 遊園地で遊んだあと、どこかで食事をということになりますが、皆本が夕食を用意してから先に寝たと知ってる葵がその事を言うと、薫の提案で、兵部を招いて皆本の家(チルドレンの3人も下宿しています)で食事ということになります。
 そこで兵部は、戦時中の話をします。元々この話をする機会を伺ってたのか、いつかはしようと思っていたが今日でなくても構わなかったのかはわかりません。
 当時はまだ超能力者は少なく、敗戦濃厚となった日本にはもうなす術がありませんでした。これまで「お国のために」と信じて戦ってきた兵部でしたが、敗戦を受け入れる段になって、軍に裏切られます。
 伊9号が隠していた未来予知、それは、敗戦、復興からの次の破滅が、超能力者と一般人との戦いによるものでした。その芽を摘むために、兵部は上官から銃を向けられます。
 脳天を撃ち抜かれますが、兵部は死ぬことなく、逆にさらなる超能力に目覚めたと本人は語ります。

f:id:mineshizuku:20190410135801j:plain

 バベルも旧日本軍と同じように超能力者を裏切り、超能力者を脅威として戦うようになり、皆本が薫に銃を向ける予知シーンは、皆本も何度となくみています。その回避がこの物語の大きな流れですが、今のところその予知はまだ覆っていません。
 薫は、旧日本軍と皆本は違うと言い、兵部は「彼も一般人。仕事として君たちと関わってるだけ。いざとなったらどっちにつく?」と、問いかけます。
 この議論は、家主の皆本が目を覚まし、兵部が逃げなくてはいけなくなったので、ここで終わるのですが。

 絶対可憐チルドレン、この物語はまだまだ続きます。

f:id:mineshizuku:20190410135816j:plain

(233-955)